【Rails】ダウンロードしたフリーフォントをWebpackerを使って導入する方法

2021年10月16日 15:56

はじめに

Webサイトのデザインを彩るひとつの要素にフォントの種類があります。Google Fontsの登場により、様々なフォントが手軽に導入できるようになりました。しかし、世の中にはGoogle Fontsが提供するフォント以外にもたくさんのフリーフォントが存在します。

本記事では、ダウンロードしたフリーフォントをWebpackerを使って導入する方法について説明します。

フリーフォントの導入手順

Railsアプリの用意

今回は以下のビューを作成しました。

ERB

<h1>
  ダウンロードしたフリーフォントを
  <br />
  Webpackerを使って導入する方法
</h1>

Slim

h1
  | ダウンロードしたフリーフォントを
  br
  | Webpackerを使って導入する方法

まだスタイルを設定していないのでシステム標準のフォントが使われています。

フリーフォントの用意

まず、任意のフリーフォントをダウンロードします。提供されているフォントには「商用利用不可」などの条件がありますので、必ず使用条件を確認するようにしてください。

今回は「ロゴたいぷゴシック」というフリーフォントを利用したいと思います。

次に、ダウンロードしたフリーフォントをRailsアプリのWebpacker管理下に配置します。

/
|-app
  |-javascript                    # Webpackerのソースディレクトリ
    |-fonts                       # フォント用のディレクトリ(無ければ作成)
      |-ロゴたいぷゴシック.otf       # ダウンロードしたフリーフォント

これでフリーフォントの用意は完了です。

フリーフォントの読み込み

フォントファイルをCSSで読み込みます。

CSS

@font-face {
  font-family: 'ロゴたいぷゴシック';
  src: url('../fonts/ロゴたいぷゴシック.otf') format('opentype');
}

記述しているCSSファイルからの相対パスでフォントファイルを指定します。

フリーフォントの使用

フリーフォントが使えるようになったので、後は任意のスタイルを設定するだけです。

CSS

h1 {
  font-family: 'ロゴたいぷゴシック';
}

フォントが変更されました。

まとめ

Google Fontsを使えばURLをインポートするだけですぐにフォントが使えるようになりますが、Google Fontsで提供されていないフォントもたくさんあります。特に日本語フォントは英語フォントほど種類が豊富とは言えません。

フリーフォントとは言え、場合によっては使うことができないかもしれないので、しっかりと利用条件を確認した上で導入してみてください。

関連記事

【Ruby】Bundlerを使ってRubyGemsを作成/公開する方法
# はじめに Bundlerを使ってRubyGemsを作成および公開する方法について説明します。Bundlerを使わずにRubyGemsを作成/公開する方法については以下の記事を参照してください。 <iframe class="hatena [...]
2022年7月12日 23:18
【Ruby】RubyGemsを作成/公開する方法
# はじめに RubyGemsを作成および公開する方法について説明します。Bundlerを使ってRubyGemsを作成する方法については以下の記事を参照してください。 <iframe class="hatenablogcard" style [...]
2022年7月11日 21:52
【Rails】M1チップ搭載MacでRuby on Railsの開発環境構築
# はじめに M1チップ搭載MacにRuby on Railsの開発環境を構築する手順を記載します。 - MacBook Air (M1, 2020) - macOS Monterey 12.3.1 # Homebrew ## [...]
2022年5月5日 11:56
【Rails】Rakeタスクの基本情報と作成・実行方法
# はじめに Railsには標準でRakeというGemが同梱されています。RakeはRubyで実装されたMake(UNIX系のOSで使用できるコマンド)のようなビルド作業を自動化するツールです。Ruby Make、略してRakeというわけですね。 [...]
2022年3月7日 22:12
【Rails】モデルに外部キーを設定する方法とよく起こるエラー内容について
# はじめに Railsでモデルに外部キーを設定する方法について説明します。 # モデルに外部キーを設定する ## リレーションシップ 今回は1つのブログ記事は複数のコメントを持つ1対多のリレーションシップを例に説明します。現在は` [...]
2022年2月10日 14:18
【Rails】Capybaraのfill_inメソッドを実行すると「既存レコードの内容+指定した内容」がセットされる事象の原因と対処【RSpec】
# はじめに RSpec + Capybaraを使用して、Railsアプリの統合テストを実装しています。とあるモデルの編集画面において、入力フォームの内容を書き換えた上で送信し、レコードが更新されることを確認します。 入力フォームの内容を書 [...]
2022年1月27日 21:22
【Rails】GitHubのセキュリティアラートで発見された脆弱性を解消する方法
# はじめに GitHubにはセキュリティアラートという機能があります。セキュリティアラートはリポジトリに含まれるライブラリやパッケージの脆弱性を定期的にチェックし、脆弱性のあるライブラリやパッケージが発見されたらアラートで知らせてくれるという機 [...]
2022年1月16日 10:36
【Rails】devise-two-factorを使った2段階認証の実装方法【初学者】
# はじめに Railsアプリで2段階認証を実装するには、「rotp」というGemを使う方法の他に、「devise-two-factor」というGemを使う方法があります。「devise-two-factor」はその名の通り、IDとパスワードによ [...]
2021年12月12日 17:58