ローカルで行った変更がサーバーに反映されない事象の対処法【Capistrano+Unicorn】

変更が反映されない

ローカルでRailsアプリの変更を行った後、サーバーへ反映させるためデプロイを行いました。
$ bundle exec cap production deploy
無事、エラーが出ることもなくデプロイが完了。
しかし、いざWebサイトにアクセスしてみても変更が反映されていませんでした。

Unicornプロセスの再起動失敗

デプロイコマンドを実行したターミナル上にはエラーは出ていなかったんですが、サーバー上のunicorn.logを確認してみると、以下のエラーが出力していました。
I, [2019-10-10T20:28:58.753199 #30477]  INFO -- : forked child re-executing...
/home/user/.rbenv/versions/2.6.3/lib/ruby/gems/2.6.0/gems/bundler-2.0.2/lib/bundler/definition.rb:32:in `build': /var/www/autovice/releases/20191010043301/Gemfile not found (Bundler::GemfileNotFound)
        from /home/user/.rbenv/versions/2.6.3/lib/ruby/gems/2.6.0/gems/bundler-2.0.2/lib/bundler.rb:135:in `definition'
        from /home/user/.rbenv/versions/2.6.3/lib/ruby/gems/2.6.0/gems/bundler-2.0.2/lib/bundler.rb:101:in `setup'
        from /home/user/.rbenv/versions/2.6.3/lib/ruby/gems/2.6.0/gems/bundler-2.0.2/lib/bundler/setup.rb:20:in `<top (required)>'
        from /home/user/.rbenv/versions/2.6.3/lib/ruby/site_ruby/2.6.0/rubygems/core_ext/kernel_require.rb:130:in `require'
        from /home/user/.rbenv/versions/2.6.3/lib/ruby/site_ruby/2.6.0/rubygems/core_ext/kernel_require.rb:130:in `rescue in require'
        from /home/user/.rbenv/versions/2.6.3/lib/ruby/site_ruby/2.6.0/rubygems/core_ext/kernel_require.rb:34:in `require'
/home/user/.rbenv/versions/2.6.3/lib/ruby/site_ruby/2.6.0/rubygems/dependency.rb:313:in `to_specs': Could not find 'bundler' (2.0.2) required by `$BUNDLER_VERSION`. (Gem::MissingSpecVersionError)
To update to the latest version installed on your system, run `bundle update --bundler`.
To install the missing version, run `gem install bundler:2.0.2`
Checked in 'GEM_PATH=/var/www/autovice/shared/bundle/ruby/2.6.0', execute `gem env` for more information
        from /home/user/.rbenv/versions/2.6.3/lib/ruby/site_ruby/2.6.0/rubygems/dependency.rb:323:in `to_spec'
        from /home/user/.rbenv/versions/2.6.3/lib/ruby/site_ruby/2.6.0/rubygems/core_ext/kernel_gem.rb:65:in `gem'
        from /home/user/.rbenv/versions/2.6.3/lib/ruby/site_ruby/2.6.0/rubygems/core_ext/kernel_require.rb:42:in `require'
E, [2019-10-10T20:28:58.936469 #29494] ERROR -- : reaped #<Process::Status: pid 30477 exit 1> exec()-ed
問題となるのは一番最後の行。
「ERROR」と書かれている通り、何らかの問題が発生しています。
エラーメッセージで検索してみると、このエラーはデプロイ中のUnicornの再起動が失敗しているときに出力される模様。
このエラーが出てしまうと、一度手動でUnicornプロセスを停止させる必要があるらしい。
$ ps -ef | grep unicorn
# 起動中のUnicornプロセスが表示される
$ kill -9 上記で確認したPID

恒久対処

何らかの原因でUnicornプロセスの停止に失敗していたんだと推測していますが、その原因は不明です。
以下の参考記事に恒久対処が記載されていますが、私はいまのところ再現していないので行っていません。
参考記事:Capstarano3でデプロイ時にUnicornが再起動しているようで失敗している時の対処法

関連記事

【Rails】RSpecを使った自動テスト《システムスペック編》
# はじめに Railsでアプリケーションを開発する際、品質を担保するためにテストは欠かせません。その中でも、RSpecは多くの開発者に愛用されているテストフレームワークです。 今回は、RSpecを使ったRailsアプリケーションのテスト方 [...]
2024年7月11日 17:07
【Rails】RSpecを使った自動テスト《リクエストスペック編》
# はじめに Railsでアプリケーションを開発する際、品質を担保するためにテストは欠かせません。その中でも、RSpecは多くの開発者に愛用されているテストフレームワークです。 今回は、RSpecを使ったRailsアプリケーションのテスト方 [...]
2024年7月11日 16:06
【Rails】RSpecを使った自動テスト《コントローラースペック編》
# はじめに Railsでアプリケーションを開発する際、品質を担保するためにテストは欠かせません。その中でも、RSpecは多くの開発者に愛用されているテストフレームワークです。 今回は、RSpecを使ったRailsアプリケーションのテスト方 [...]
2024年7月11日 15:39
【Rails】RSpecを使った自動テスト《モデルスペック編》
# はじめに Railsでアプリケーションを開発する際、品質を担保するためにテストは欠かせません。その中でも、RSpecは多くの開発者に愛用されているテストフレームワークです。 今回は、RSpecを使ったRailsアプリケーションのテスト方 [...]
2024年7月11日 11:50
【Rails】RSpecを使った自動テスト《基本編》
# はじめに Railsでアプリケーションを開発する際、品質を担保するためにテストは欠かせません。その中でも、RSpecは多くの開発者に愛用されているテストフレームワークです。 今回は、RSpecを使ったRailsアプリケーションのテスト方 [...]
2024年7月10日 17:49
【Rails】デザインパターン「Concern」の基本情報と実装方法
# はじめに Ruby on RailsなどのMVCフレームワークで構築したWebシステムにはアンチパターンというものが存在します。システム開発におけるアンチパターンとは、避けるべき悪い設計や実装方法のことを指します。 MVCフレームワーク [...]
2024年7月10日 13:32
【Rails】デザインパターン「Form Object」の基本情報と実装方法
# はじめに Ruby on RailsなどのMVCフレームワークで構築したWebシステムにはアンチパターンというものが存在します。システム開発におけるアンチパターンとは、避けるべき悪い設計や実装方法のことを指します。 MVCフレームワーク [...]
2024年7月6日 22:50
【Rails】デザインパターン「Service Object」の基本情報と実装方法
# はじめに Ruby on RailsなどのMVCフレームワークで構築したWebシステムにはアンチパターンというものが存在します。システム開発におけるアンチパターンとは、避けるべき悪い設計や実装方法のことを指します。 MVCフレームワーク [...]
2024年7月6日 19:59