RailsアプリにおけるReactの使い方や注意点など

2019年12月13日 12:37

はじめに

こちらのページでReactの基本について勉強しました。
Railsアプリの中でReactを利用するという観点でいくつかトピックを抜き出してみました。

Babelの利用

BabelはReactのJSX記法を典型的なJavaScriptの構文に変換してくれる機能です。
Babelは本来、ES6で書かれたJavaScriptをES5やES4に変換するために使われますが、ReactでのBabelは@babel/preset-reactによってJSX記法を変換する機能を持たせている…のだと思います。
Webpackを使ってReactをインストールしている場合、Webpackのコンパイル時にBabelによるトランスパイルを行うようWebpackのバンドリングルールに設定されています。

ReactDOM

app/views/sample/index.html.erb

<h1>Sample#index</h1>
<p>Find me in app/views/sample/index.html.erb</p>

<%= react_component("Hello", { name: "John" }) %>
<div id="hello"></div>

app/javascript/components/Hello.js

import React from "react"
import PropTypes from "prop-types"
import ReactDOM from "react-dom";

export default class Hello extends React.Component {
  render () {
    return (
      <h1>Hi, {this.props.name}!</h1>
    );
  }
}

Hello.propTypes = {
  name: PropTypes.string
};
Hello.defaultProps = {
  name: "Jane"
}

const hello = document.getElementById('hello');
ReactDOM.render(<Hello />, hello);

ReactDOMを使うことで任意の場所でコンポーネントを実行することが可能です。
上記の場合、HTMLから直接Helloコンポーネントを呼び出して引数を与えており、ReactDOMで生成されたHelloコンポーネントはデフォルトの変数が使われています。
export default <コンポーネント名>を記述することで外部からの呼び出しが可能になります。

1

実行結果。

wepack-dev-serverの利用

Webpack管理下(app/javascript/)のファイルを更新した状態でRailsアプリを実行したタイミングでWebpackerによりWebpackのコンパイルが実行されます。
webpack-dev-serverを起動しておけば、Railsアプリを実行しなくても自動でWeb管理下の更新を検出してコンパイルしてくれます。

$ bin/webpack-dev-server

コンポーネントの階層

コンポーネントに階層をもたせることができます。
app/javascript/components/Hello.jsapp/javascript/components/Greeting/Hello.jsに変更した場合、呼び出し側は以下のように記述します。

<%= react_component("Greeting/Hello", { name: "John" }) %>

まとめ

Reactは最新のJavaScript構文がふんだんに使われているので、まずJavaScript構文を勉強し直す必要があると感じました。匿名関数、let宣言、{name}、ここらへんの構文は見たことはあっても説明はできない状態です。JavaScriptの基本から勉強し直そうと思います。
それから、まだReactの基本しか勉強してないからかもしれませんが、Railsアプリの中でReactを使うメリットがいまのところ見つかっていません。Railsの考え方はMVCなので、ReactのSPA的な考え方と相反するような気がしています。

関連記事

【Rails】Railsアップグレードまとめ
# はじめに Ruby on Railsに限らず、何らかのフレームワークを使ってWebシステムを構築している場合、フレームワークのアップグレード作業は避けて通れません。 一般的にフレームワークはバージョン毎にEOL (End of Life [...]
2022年10月1日 14:32
【Rails】ユーザー登録時に行うメールアドレス認証機能の実装方法
# はじめに ユーザー登録/解除やログイン/ログアウトといった認証機能の導入に「devise」というGemを使っている人は多いと思います。「devise」では以下のように記述するだけで、ユーザー登録時に確認メールを送付しメールアドレス認証を行う機 [...]
2022年9月24日 14:24
【Rails】モデルに列挙型(enum)を定義し、使いこなす方法
# はじめに Railsはモデルでカラム名と同名の列挙型(enum)を定義することで、カラムと列挙型の変数を紐付けることができます。カラムと列挙型の変数を紐付けると、カラムに対して様々な便利な使い方ができるようになります。 本記事では、モデ [...]
2022年9月3日 10:29
【Rails】RailsでCORSとPreflight requestの設定を行う方法
# はじめに RailsアプリをAPIサーバーとして構築するには、CORS (Cross-Origin Resource Sharing)と Preflight requestの設定を行う必要があります。APIサーバーは外部からの要求に対して処理 [...]
2022年8月27日 10:44
【Rails】M1チップ搭載MacでRuby on Railsの開発環境構築
# はじめに M1チップ搭載MacにRuby on Railsの開発環境を構築する手順を記載します。 - MacBook Air (M1, 2020) - macOS Monterey 12.3.1 # Homebrew ## [...]
2022年5月5日 11:56
【Rails】Rakeタスクの基本情報と作成・実行方法
# はじめに Railsには標準でRakeというGemが同梱されています。RakeはRubyで実装されたMake(UNIX系のOSで使用できるコマンド)のようなビルド作業を自動化するツールです。Ruby Make、略してRakeというわけですね。 [...]
2022年3月7日 22:12
【Rails】Capybaraのfill_inメソッドを実行すると「既存レコードの内容+指定した内容」がセットされる事象の原因と対処【RSpec】
# はじめに RSpec + Capybaraを使用して、Railsアプリの統合テストを実装しています。とあるモデルの編集画面において、入力フォームの内容を書き換えた上で送信し、レコードが更新されることを確認します。 入力フォームの内容を書 [...]
2022年1月27日 21:22
【Rails】GitHubのセキュリティアラートで発見された脆弱性を解消する方法
# はじめに GitHubにはセキュリティアラートという機能があります。セキュリティアラートはリポジトリに含まれるライブラリやパッケージの脆弱性を定期的にチェックし、脆弱性のあるライブラリやパッケージが発見されたらアラートで知らせてくれるという機 [...]
2022年1月16日 10:36